各補助金制度のご案内

1.第3子等保育料無償化補助金について

鳥取市では第3子以降のお子様の保育料無償化を実施しております。対象となる保護者の方は幼稚園を通じて申請の手続きをお願い致します。
 
※満3歳から5歳までのお子様が対象です。

2.就園奨励費補助金について

【補助限度額表】
〇園児が第1子または同時在園の兄・姉がいる場合(表1)
表1





補助限度額
1人で就園の場合
及び同一世帯から
2人以上就園して
いる場合の最年長者   (第1子)
同1世帯から2人以上就園している場合の次年長者
(第2子)
同一世帯から3人以上就園している場合の左以外の園児
(第3子以降)
生活保護による非保護世帯










254,000円
131,000円
131,000円
 
☆131,000円は、
各幼稚園が実施する同時在園2人目からの入園料、保育料の軽減後に保護者が負担する最も高い場合の金額です。
平成29年度に納付される市民税が非課税の世帯
223,000円
(ひとり親世帯等*
          254,000円)
131,000円
平成29年度に納付される市民税の所得割が非課税の世帯
平成29年度に納付される市民税の所得割課税の額が77,100円以上の世帯
92,000円
(ひとり親世帯等*
          223,000円)
131,000円
平成29年度に納付される市民税の所得割課税の額が211,200円以上の世帯
50,800円
78,000円
上記区分以外の世帯
65,000円

〇園児に小学校1~3年生の兄・姉がいる場合(表2)
表2





補助限度額
小学校1~3年生の兄・姉が1人いる場合の、就園している最年長者         
                                 (第2子)
小学校1~3年生の兄・姉が1人いて同一世帯から2人以上就園している場合の左以外の園児、または小学校1~3年生の兄・姉が2人以上いる園児     (第3子以降)
生活保護による非保護世帯










254,000円
254,000円
 
 
☆①~④の世帯は兄・姉が
小学校4年生以上の場合も
この表による補助対象と
なります。
 
 
 
平成29年度に納付される市民税が非課税の世帯
平成29年度に納付される市民税の所得割が非課税の世帯
平成29年度に納付される市民税の所得割課税の額が77,100円以上の世帯
134,000円
(ひとり親世帯等*
         254,000円)
平成29年度に納付される市民税の所得割課税の額が211,200円以上の世帯
95,000円
上記区分以外の世帯
67,000円
 
【補助限度額表の見方】
*園児一人に対し、実際に負担された入園料、保育料を上限として補助限度額表の金額を限度に支給します。
*「ひとり親世帯等」とは、ひとり親世帯、在宅障がい児(者)のいる世帯、その他等に困窮していると市町村の
 長が認めた世帯をいいます。
*年度途中の入園・退園の場合には、在籍する期間に応じて月割りで計算します。
*表1における第2・3子は、同時在園補助分を除く入園料、保育料(最高額131,000円)を補助限度額とします。
*表2において、項目①~④の世帯の児童に小学校4年生以上の兄・姉(生計を児童と―にしている場合に限る)
 がいる場合、年齢の高い者から順に「第1子」、「第2子」、「第3子以降」とみなし計算します。
*表1と表2を計算した結果、有利となる表を用います。ただし、きょうだい間で表1と表2の組み合わせは
 できません。 (例:第2子⇒表2、第3子⇒表1はできません)
 

3.同時在園補助金

・県の支援を受けて行っている子育て支援事業です。
・兄弟姉妹で同時在園となる場合に、下のお子様の保育料は9000円軽減。
(県が1/3負担、園が2/3負担)