本文へ移動

小さき日記

RSS(別ウィンドウで開きます) 

大型遊具さん、今までありがとう!

2024-07-19
今日で1学期が終わりました。
春、お母さんと別れる時涙だったもも組や年少組も、今では園が安心できる場になり、
園生活を笑顔で送れるまでになりました。今学期、園の運営に際し、ご理解とご協力をいただき
ありがとうございました。
 
今日は、夏休み中に取り換えが決まっている「大型遊具」にお別れの集いをしました。
年長児の中には、家から手紙を書いてきた子どももおり、遊具の前で読んで聞かせてくれました。
「ありがとう!の歌が歌いたい・・・」という子どもの提案で、今日は全園児で大型遊具に歌のプレゼントをしました。
そして、短時間ではありましたが、最後のすべり台やうんてい、上り棒などに挑戦しました。
「うんてい、小さい組の時は出来なかったんだ~。」
「ここで、おままごとしたね。」
「長ーい、すべり台が面白かったなあ。」
「先生と一緒に遊んだね。」
子どもたちは、今までの遊具との思い出を振り返っていました。
 
大型遊具を使いながら、順番を待つなどのルールを通じて「社会性」を身につけたり、
その他にも「チャレンジ精神」や「バランス感覚」などを養ってきた子どもたち。
新たな遊具も、そんな期待を込めて何度も業者さんと案を練りプランを設計しました。
 
夏休み明け、また新しい大型遊具とのドラマが繰り広げられることを期待しましょう。
そして、今日まで一緒に遊んできた大型遊具のことも、心の片隅に覚えていてくれると嬉しいです。
 
 

100曲マラソン

2024-07-17
今日は、梨花ホールで行われた100曲マラソンに年中組と年長組が参加しました。
披露したのは「むすんでひらいて」「手をたたきましょう」「ドレミの歌」の3曲です。
 
毎日、お部屋で楽しく歌ってきた歌ばかり。
大勢のお客さんを前にしても、みんな堂々としたものでした。
1学期最後の大きな挑戦・・・みんなが勇気を出してとっても立派でしたね。
 
毎年、小さきはこのイベントに声をかけていただきます。
「来年は、私も出たい。」
「次は、ぼくも行ける?」
お兄さんお姉さんの歌声を聞いて、期待を膨らます年少組。
がんばるバトンが次へ次へとつながるといいですね。

おばあちゃんからのメロン

2024-07-17
今年も〇―ちゃんのおばあちゃんから、子どもたちへメロンが届きました。
毎年、この時期になると〇―ちゃんのおばあちゃんが作ったメロンをいただいています。
そして、そのメロンをよく見ると・・・
おばあちゃんからの心温まるメッセージが書いてあるのです。
「ちいさきはなぞのようちえん」
「なかよく」
「感謝」
「みんな ありがとう」・・・
今年、お孫さんが卒園するので、その思いも込めてのメッセージ。
 
すてきなメロンは、何日か子どもたちの良く見えるところに飾り、昨日お弁当のデザートとしてみんながいただきました。
「甘くて、おいし~。」
「〇―ちゃん、ありがとう!って、おばあちゃんに言っといてね。」
「メロン、さいこうー!」
嬉しいお弁当の日が、さらに嬉しい日になりました。
 
子どもたちだけでなく、私たち職員も、学期末の慌ただしく少し疲れがたまりつつある体にビタミンをいただきました♪
 
このような心こもるプレゼントとメッセージが、子どもだけでなく職員にとっても元気パワーとなります。
○―ちゃんのおばあちゃん、ありがとうございました。

県立博物館

2024-07-11
今日は、県立博物館に行きました。
6グループに分かれ、大きいお兄さん・お姉さんは小さいお友だちのお世話です。
優しく手を取りながら、館内をめぐりました。
「What`s ART? アートって、なに?」
という展覧会。
学芸員の皆さんが各グループに付き添い、優しく丁寧に説明してくださいました。
 
雨降りの日ということもあり、館内は貸し切りのようで子どもたちもゆったり回ることが出来ました。
公共の場へ出向くことは、マナーを知らせる良い機会となります。
幼いながらも、あまり大きな声を出さないことや館内を走り回らないこと、展示物を壊さないように見学すること等も学びました。
親切に対応下さった、職員の皆さんに感謝です。
 
園に帰ってからの、子どもたちの
「楽しかった~♪」
の声が、本当に充実した時間であったことを物語っています。

将来への道

2024-07-03
今日は、鳥取敬愛ふるさとキャリア塾に参加してきました。
これは、高校生たちがあらゆるジャンルの社会人の話を聞き、将来へ向かって、
希望の職種を選択していく為の参考の場になるように・・・という思いを込めた会です。
 
本園への依頼があり、私(園長)と1年目の先生とが参加しました。
 
会場へ行くと、30名の高校生が待っており、私たちの話を真剣に聞いてくれました。
「小さき花園幼稚園って、どんなところ?」
それを伝える為の動画を流しました。
生徒たちは、時々うなずいたり、メモを取って聞いてくれました。
 
この仕事の大変さを伝えると共に、それを上回るほどの感動が待っていることも伝えました。
 
今、幼稚園の先生を目指す人材が減っています。
不適切保育の報道も度々あります。
そんな中でも、すばらしい世界であることを 今日の私たちの話から感じてくれた生徒が一人でもいればうれしいです。

学校法人小さき花園幼稚園
〒680-0022
鳥取県鳥取市西町1丁目455
TEL.0857-26-5141
FAX.0857-21-4152

───────────────
幼児教育
───────────────

4
8
2
5
4
6
Google

WWW を検索
chisaki.org を検索

TOPへ戻る