本文へ移動

小さき日記

RSS(別ウィンドウで開きます) 

わかちあい

2024-02-01
わかちあい
 
今日は、お御堂へ行き、神父様に聖書のお話を聞きました。
「五つのパンと二匹の魚」というお話です。
たった五つのパンと二匹の魚を分け合ったとき、そこにいた五千人すべての人がすべて満たされたという奇跡のお話です。
神父様と一緒に子どもたちは、「分け合う」「分かち合う」ことの大切さについて話し合いました。
「私たち一人ひとりに出来ることは小さなことかもしれませんが、いま目の前にいる人の為に自分に出来ることを心を込めて行いましょう!」
神父様のお話で、「お友だちの為にお祈りする!」「好き嫌いせず、何でも喜んで食べるよ!」子どもたちから声が返ってきました。そして、みんなのその姿を神さまが喜んでくださることを子どもたちは学びました。

地震避難訓練

2024-01-30
今日は、地震の避難訓練でした。
いつ起こるかわからない地震。もしも保育中に地震が起きてしまったら・・・
そんな時を想定し、年長組は園バスに乗っている状況からの避難、年中・年少・もも組は、朝のお祈り後の避難訓練をしました。
私たちは、子どもたちを守るために瞬時に色々なことを考え、把握し、行動しなければなりません。本当にそう考えると、子どもたちの命を守るために、様々な状況を想定しておく必要があります。
年長児は、非常食を食べることにチャレンジ。
「おいしい~」「こんな風になってるんだね。」
園で緊急時に備えて備蓄しているカレーを美味しそうに食べてくれた年長児です。
 
これからも、様々な状況を想定し、訓練をしていこうと思います。

年少組 参観日

2024-01-26
年少組 参観日
 
今日は、年少組の参観日で劇遊びを見ていただきました。劇のお話は、ちゅうりっぷ組が大好きな「おおかみと7匹の子ヤギ」です。
 
みんなが大好きなこのお話。何度も何度も先生に読み聞かせをしてもらい、毎日コツコツ遊び込んできました。
劇遊びを通して、友だちといっしょに楽しみながら表現すること、絵本などの登場人物になりきって楽しむこと、物語や歌の歌詞のストーリーに親しみを持つこと、「楽しい気持ち」「悲しい気持ち」を子どもたちなりにのびのび表現すること・・・など、取り組みながら様々な課題がありました。
今日参観した皆様には、友だちや先生と協力して話を展開する子どもたちの姿に、1年間の成長を感じていただけたなら、嬉しいです。
たくさんのお客さんを前にドキドキの参観日でしたが・・・家族を喜ばせようと張り切る子どもたちの姿にしっかり拍手と言葉をかけてあげてくださいね。
 
4月からは素敵な年中組になれますように~♪

※雪の日に先生たち、お勉強会しました!

手作りおはぎ、美味しいな~

2024-01-23
今日は、年長児が自分たちの育てたもち米で、おはぎを作りました。調理師さんに手伝ってもらい、あんこをくるんだり、きな粉をまぶしたり・・・
とっても美味しいおはぎが出来上がり「美味し~♪」他の学年のお友だちからも大好評でした!
 
「今、地震で悲しんでいる人たちにも、食べさせてあげたいな。」
「そうだね!」
すると・・・
「園長先生!水道のお水がぽたぽた落ちていたから、止めておいたよ。」
とN君。
きっと、自分に出来る良いことを実践しているのでしょうね。
 
難しい話題でもみんなで考えることが大事です。「子どもだからわからない」ではなく、子どもなりに考えてくれるのですね。
おはぎを食べながら、今日のお昼にあった子どもたちの会話の様子です。
 
今夜から大雪になるそうです。避難生活をされている方々を神様お守りください。

かわいいヤギに変身♪

2024-01-22
1年でいちばん寒さが厳しくなるといわれる大寒を先日迎えました。しかし、今年の冬は気温も高く、例年より過ごしやすいですね。幼稚園の花壇では、ちゅうりっぷの芽が土の中から、もう顔を出しています。
 
今、金曜日の参観日に向け、年少組が「おおかみと11匹の子ヤギ」の劇遊びに取り組んでいます。ピアノと一緒にリズムをとったり、友だちと声を合わせ台詞を言ったり、ホール内で色々な身体表現をします。
園内の友だちを招待し、明日はお披露目会です。
 
冬の間、子どもたちが心を動かし経験したことが、春には、ちゅうりっぷと共に自信となって花開くといいですね♪        

学校法人小さき花園幼稚園
〒680-0022
鳥取県鳥取市西町1丁目455
TEL.0857-26-5141
FAX.0857-21-4152

───────────────
幼児教育
───────────────

4
7
8
8
8
1
Google

WWW を検索
chisaki.org を検索

TOPへ戻る